遺品整理で聴こえたお客様の一言

 

先日高槻市で依頼された遺品整理のお話です

ご年配の方で奥様を亡くされ、1人で住むには大きな家なので引っ越しをされるとのことで、

ひとりで大きな家具など運べないし、残ったものをすべて片づけて欲しいとの依頼です。

 

・物は無くなっても思い出はなくならない

 

私が不用品を運び出してる時に、お客様は悲しそうに「また、思い出がなくなっていく。。。」と言われたんですね。

その時に、「物は無くなっても、思い出はなくなりません!」と、普段考えている事を説明させていただきました。

すると、お客様の顔は晴れやかになり「ありがとうございます。」と言われました。

当たり前ですが、思い出は記憶なので、物がなくなってもなくならない。

脳みそで覚えてる限り、楽しかった思い出は永遠に存在します

 

・もったいない商店で不用品を処分するのはエコです

 

物を処分するのに罪悪感を持つことはないです。

回収した物は最大限リサイクルしますので、普通に粗大ゴミでだすより地球に優しいです。

今回、お部屋のおかたづけだけでなく、お客様の心もスッキリできたかもと感じてます。

考え方を伝えるのも大事な事と、気づくことができた遺品整理でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です